サイトマップ

保健室より

             


★感染症予防対策へのご協力のお願い

 学校再開に向けて、5月22日に文部科学省から「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル(新しい生活様式を踏まえた学校の行動基準)」が示されました。この基準に則り、本校では以下のような対応を踏まえて学校生活を再開いたします。生徒の感染リスク防止の観点から以下の取組に御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願いします。
 なお、登校にあたり医療的な配慮を必要とする方は、事前に主治医に御相談ください。
 御不明な点等がありましたら、担当まで御連絡ください。

(1) 健康状態の把握について
〇平熱より1℃以上高い、または37℃以上で咳やのどの痛みなどの症状がある場合は自宅で休養してください。その際は担任への連絡をお願いします。
○健康観察表を毎日、登校した際に提出していただきます。検温をしていない生徒は、検温をしていただきます。最初の登校日の対応については、担任より別途お知らせします。
〇体調不良を訴え、感染症の疑いがある場合は、別室で対応します。その際は、御自宅に連絡しますので、対応方よろしくお願いします。

(2) 学校生活について
○学校での対策
3つの密にならないように、校内巡回により生徒同士の間隔を確保する指導をします。手指衛生のための石けんやアルコールを含んだ消毒液を設置します。適切な環境保持のため、教室等のこまめな換気を心掛けます。また、環境衛生を良好に保つため施設の清拭を行います。
○マスク着用のお願い
学校においては近距離での会話や発声等が生じる場合があります。そのため、登下校も含め学校ではマスクを着用するようにご協力をお願いします。なお、市販のマスクが入手困難な場合は手作りマスクも奨励されていますので、御家庭で御準備をお願いいたします。

(3)下校後や休日などの過ごし方
○下校後や登校しない日の不要不急の外出は、控えていただきますよう御協力をお願いいたします。

こちらからもダウンロードできます。


★学校感染症による出席停止について

学校保健安全法施行規則により、学校では生徒が「学校において予防すべき感染症」に罹患した場合には出席停止の措置をとることになっています。さらに、罹患した生徒の休養と体力の回復のためだけでなく、学校内での感染拡大を防ぐため、罹患した生徒が登校できない期間が定められています。

●学校感染症と診断されたら
  速やかに学校に連絡し、自宅で主治医の登校許可がでるまで休養してください。

●他へ感染するおそれがなく登校が許可された際には
  本校書式の「学校感染症治癒届」に保護者が記入し、担任まで提出してください。

   「学校感染症治癒届(学校感染症による欠席届)」は生徒手帳の60.61ページにあります。
   こちらからもダウンロードできます。


※本校では、保護者のかたに届を記入していただいておりますが、病気の状況により、医療機関に確認させていただくことや証明書を提出していただく場合もありますので、ご了承ください。
 
●対象となる感染症と出席停止期間の詳細について
 第1種から第3種まであります。第2種のインフルエンザや、条件により出席停止の措置となる、感染性胃腸炎、溶連菌感染症などがあります。
 また、出席停止の期間の基準が定められていますが、あくまで基準ですので、受診した主治医の指示に従ってください。
 詳しくは以下の表をご参照ください。
   
               
 
 
学校において予防すべき感染症の種類と出席停止期間の基準
(学校保健安全法施行規則第18条)
  

★日本スポーツ振興センター災害共済給付について
 
 本校では、入学の際、日本スポーツ振興センターに全員加入をお願いしております。
学校管理下(授業中や休憩時間中、学校の教育計画に基づく課外活動中、通常経路での登下校中)において、けがなどで医療機関を受診した場合に災害共済給付金が支払われる制度です。
災害共済給付を受ける権利は発生から2年間で時効により消滅しますのでご注意ください。

給付の申請を希望される場合は、保健室へ必要書類を取りにきてください。

       
 
●手続きについて
 必要書類を受診した医療機関で記入していただき、保健室へ提出してください。
学校から教育委員会を経由して請求・受領手続きを行い、必要書類提出後数か月で学校を通じて災害共済給付金が支払われます。その際は、本校経営企画室より保護者へ通知します。

●必要書類
『医療等の状況』 受診した医療機関、月ごとに、1枚(病院用と接骨院用の2種類があります)
「調剤報酬明細書」 病院外の薬局で薬を処方された場合
『災害給付請求申請用紙』 本人またはご家庭でケガをした際の状況を記入してください

その他   
※必要に応じて提出していただきます
〇「治療用装具明細書」 診療担当医師により、治療上必要と認められ購入した治療装具・松葉杖等
〇「高額療養状況の届」1か月の医療費が7,000点以上の場合

詳しくは 災害共済給付制度については学校安全Webのホームページから、災害共済給付についてをクリックし、保護者の方へというページをご覧ください。

災害共済給付制度
給付の流れ
〒143-0012 東京都大田区大森東1-33-1
電話 : 03-3764-3883 ファクシミリ : 03-3764-3854
E-mail : S1000279@section.metro.tokyo.jp